Profile
Links
Categories
Archives
Twitter
Recent Comment
Recent Trackback
Mobile
qrcode
正解は
木次線トロッコ列車
奥出雲おろち号からの車窓でした。
ヂーゼル列車で、単線をトコトコと三時間走り抜ける旅でした。




over-rev | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
トンネルを抜けると

ぐんぐんぐんぐん


お、出口だ!





ちょー田舎でした。
over-rev | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
つくづくと思う
お疲れ様です。



バナナってエラいですよね。
安くて、甘くて美味しくて、栄養バッチリ。
ナイフもお皿も必要なく、手も汚れない!
なんなら皮がお皿代わりになる。食べかけでもテーブルに置ける!
コントの小物にも使われる!

久しぶりに食べて、つくづくと感動しました。

食べる時、必ずバナナン(正式タイトル「とんでったバナナ」知らなんだ)が
頭の中で流れるのは、僕だけではないはずです。






夏冬兼用でございます!
 
over-rev | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
ナイスバディー
テルマエ・ロマエ2を観た。
面白かった(1のほうが笑ったけど)。

話より釘付けになったのは、阿部寛のカラダ。
スゲー筋肉。顔の濃さと相まってギリシャ彫刻みたい。
この人、ホントに日本人なのかしら?



年齢を調べて、さらにビックリ。49歳。
見た目も若いけど、49でこのカラダ作れるんだ。
よーし、オレも頑張ってみよう!w
 
over-rev | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
ある春の風景
とうとう、エアコン入れる季節になってきた...。
正直、これ以上気温は上がらないで欲しい。



そんな折、隣の天才デザイナーは...


なっ!!! ホットアイマスクで眼を癒していらっしゃる...。
ホントに気持ちいいのかしら?
一枚貰って試してみた。
気持ちいい! これはイケる。が、一枚100円は高いなぁ。
すぐに捨てるのは勿体無いので、遊んでみました。



春です。
over-rev | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
ワールド・ツアー
今朝、通勤してたらウンコ踏んだ。
何か良いことあるかなぁ〜。

さて、ワールド・ツアー第2弾に行ってました。
パワー溢れる街でした。
女性が優しくって美しくって、素敵。

また行きたいなぁ。











好好台湾。
 
over-rev | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
その3
こんな駄紀行文を読んでいただき感謝。

さて、3日目。
まだまだ時差ボケも手伝って、超早起き。午前5時起床。




時折、サーッと雨が降る天気だが本降りにはならない。
ビーチには、レンタルサーフボードが並べられて、通常営業。

本日は、知り合いの編集者に勧められた朝市に行く。
ダイヤモンドヘッドの近くで開かれるKCCファーマーズマーケット
僕らが参加しているツアーのトロリーコースになっているので
ホテル前の停留所から、朝7時の始発で出発。





まだ、午前8時前だというのにこの人集り。
観光客も多いが、地元民らしき人も沢山。
地元で取れた生鮮野菜や青果、花が売られている。
野菜買ってもしょーがない僕らは、お弁当やジュース、コーヒーの店をのぞく。

確かに美味そう。だが、結構なお値段。
フレンチトースト3切れで8ドル!
seared ahi(キハダマグロのタタキ)10ドル! ボルねぇ〜。
フレンチトースト食べた。まぁ旨いけど、8ドルはないね。観光価格。
代々木公園でやってるタイフェスみたいな感じだけど、
ビールが売ってない。アルコールに厳しいねぇ。

さらにホットドックを食べて、お腹も満たされたのでホテルに帰る。


そして、僕的ハワイミッション2の「鉄砲を撃つ」を実行。

射撃場は、観光客向けに沢山あるらしいが、
変なところでやると、きちんとレクチャーせずケガの恐れがあるそうなので
事前にネットで調べて、しっかりしてそうな射撃場に目星をつけておいた。
僕が行ったのは、ロイヤル・ハワイアン・シューティングクラブ
ワクワクして、オープンの11時前に着いてしまい、店頭で待ってしまった。

実は、昨晩ホンのちょっとお酒を飲んだ状態で行ってみたんだけど、
「アルコールを摂取終了後、8時間以上じゃないとNG」と撃たせてもらえなかった。
アラモアナ通りには他の射撃場のあやしい客引きが沢山いて、
酔っていても簡単に撃たせてくれそうだったが、この店はしっかりしてる。

射撃中は撮影はダメということで、写真が全くない。
一回目は、コースから選択ということで「スーパーコース」147ドルなり。
撃った銃は、全6丁(詳しくはHPを参照)。全50発近く撃ったのかな。
感想は、どんだけ口で説明しても、実際に撃った感覚は説明不可。
似た感覚としては、始めて大型バイクで法定速度の倍以上で走った時みたい。
って、分かんないよね。兎に角、体が「ダメ、絶対!」って訴えてる。
ホントに、こんなもの身近にあっちゃダメだよ〜。

お店から出て、しばらくは発砲の衝撃が体に残ってて、頭は呆然。
フラフラとホテルに帰って、ビーチでゆっくりしようということになり
ホテル前のビーチへ。ビーチタオルが借りれるのだ。

タオルを砂の上に敷いて、さてまったりまったりと思った途端
またスコールが降ってきた。結構冷たい、寒い。
真冬でも半袖短パン、ビッグコーラ飲んでる白人も逃げ出してる。

か弱い東洋人は、ソッコーでホテルに戻りました。
確か、プール脇にジャグジーがあったはず。ありましたー。
完全に日本の温泉感覚で、肩まで浸かって温まる。
ふぃ〜〜いっとくつろいでると、雨が上がってまた強烈な日差しが戻ってきた。
これからビーチに戻るのも何だなぁと、らぐじゅあり〜にプールサイドで過ごすwww。



プール挟んだお向かいに、二人ともナイスバディー、美男美女の白人カップル。
絵になるなぁ。うむ〜、体鍛えないとなぁ。鬼畜米英と戦えないぞ。

ダラダラと2時間ほど過ごして、早めの夕飯を食べに出かける。
街中のレストランはもういいやって事で、
ホノルルのグルメタウンと言われているワイアラエ通り
カイムキ地区に行ってみる。
地図をみるとダイヤモンドヘッドの真北なんですね。
歩くにはちょっと遠い。タクシーか公営バスで行くしかないけど、
これまた、僕らのツアーのトロリーだけが唯一経路になってる。ナイスH.I.S!


どこをどー走っているのか全く理解できないまま、到着!





う〜〜ん、人もほとんど歩いてないし、
こんなディスプレイのお店(アニメショップ?!)あるし、なんか寂れてるなぁ。
大丈夫かぁ? 目的のお店に歩いていく途中に、斬新なお店発見!



店内は、寂れたハワイのアメリカンしまむらって感じだけど
店頭のディスプレイがスゴイ!スカスカっぷりもだがセンスがスゴイ!




赤いストッキングで、ボンテージ風!
分かりづらいけど、二枚目の頭の部分は赤いハイヒール。斬新!
拡大図



一抹の不安を抱えたまま、最初のお店に到着。
(ここから不安のあまり写真を撮ってない。リンク先を見て下さい)

3660オン・ザ・ライズ」3660は住所なんすね。
扉を開けて、片言で「予約はしてないが2人入れる?」と聞いてみるが
マネージャーらしきオババににべもなく断られる。
早い時間(午後6時ぐらいだったかな)なのに店内は満員。さすが人気店。
こんな辺鄙な場所になるのに、落ち着いた雰囲気で高級フレンチな感じ。
調べたら、「パシフィック・リム・キュイジーヌ」というそうな。フムフム。

しゃーないしゃーないと、第二目標に向かう。
town kaimuki
こちらもなんかオシャレですよー。予約なしは無理かなぁと一応聞いてみる。
すると、カワイコちゃんの女の子が
「カウンターなら空いてるけどソレでも良い?」(たぶん)と申すではないか!
こちとらカウンターで店員さんを観察するのが、メシ食うより好きなんじゃ!
「文句ないない!」と頭を100回ほど上下させてカウンターに座る!
この店もほとんどの席が埋まってるぐらい人が入っていた。ラッキー!

坊主頭のコワオモテの白人さんが
「飲み物だけか? それとも食事か? 
食事なら席が空いたらそっちいくか?」(たぶん)と聞いてきた。
首をブンブン振って「食事もするけど、ここで良い良い。」と言ったら
メニューを持ってきてくれた。チキンとか簡単なのは分かるけど
一番上に書いてあるメニューが全くわからない。
坊主頭に聞いてみると、
「なんとかかんとか! 分かんない? ん〜、ソードフィッシュだ!」(たぶん)
おー、カジキマグロね。んじゃ、それとチキンちょうだい。あとスープとサラダ!
すると「うちは量が多いからソレぐらいでいいよ」(たぶん)と教えてくれた。

飲み物は白ワインを注文。ちっちゃいデキャンタで出てきた。
こんな見ず知らずの場所で酔っ払うわけにはいかんとチビチビ飲む。

カウンターの隣席には、
明らかに女装のお爺さん2人と明らかにノーマルのお爺さんの常連っぽい三人組。
真ん中にノーマル爺を配置したフォーメションで飲んでる。
女装の二人組が面白い。1人は普通のオバちゃん服。
もう1人はかなりトンガッた服と眼鏡と帽子で、黒いマニキュアをしてる。

会話は分からないが、どう見ても挟んだノーマル爺さんを口説いてるって感じ。
チラ見で観察してたけど、オカマさんて世界共通なのかしら?
口ぶり、身振り手振りがおすぎとピーコに似ている。
途中から本当の女性2人も加わって、賑やか。

店内を見回すと、立ち飲みしている客も出てきて、
映画で観たことのあるパーティー状態。東洋人は僕らだけ。

程なく料理が出てきた。
スープはポテトのスープ。絶妙の味付け。
良く飛び込みで入れたなぁ。ラッキー!
メインは確かに量が多いが、これまた絶妙。
調子に乗って、ウォッカ・オン・ザ・ロックス(坊主頭はウォトカと発音)を注文。
調子出てきたぞ〜。もう後は野となれ山となれじゃ。
聞こえてくるのは全部英語。わはは、外国じゃー、楽しいー。
とあっという間に時間が過ぎて帰りのバスの時間。
残念だけど、帰らなきゃ。
坊主頭に、「すごく美味しかったけど、バスの時間があるから帰る。持ち帰りおねがい」
「そりゃ残念だ、ボックスに入れるからまってろ。」(たぶん)と皿を下げてくれた。

持ち帰りを受け取って、会計を済ませてバス停まで急ぎ足。
来るときのトロリーの運転手、かなり乱暴な運転で危ない感じだった。
降りようとしている初老の夫婦を無視して、バス停一つ飛ばしたもんなぁ...。
ちゃんと迎えにくるかと不安になる。

予定時刻を過ぎても来ず。バス停には僕ら以外に、
そこでお食事をされている男性二人。失礼だがかなり見窄らしい格好をしていらっしゃる。

五分経過。....来ず。不安倍増。
十分経過しようかというときにいらっしゃいましたよ。行きと同じ暴走運転手が。




乗客は僕らだけ。
飛ばす、飛ばす! 普通に走ってる車煽ってるもんなぁ。
ちょっと遅い車がいると、ギリギリの真後ろに着けて、
強引にハンドル切って抜いていく。
お前は日本の長距離トラックの運転手か!と言いたくなる。



なんとか無事にホノルルの街へ生還。

いやぁ〜、マジに楽しい時間だったなぁ。英語が話せたらもっと楽しいんだろうなぁ。
勉強しよう!と、薄く心に誓う。
このお店とカイルア・ビーチ・パークは気に入ったので、またハワイにこようっと。



ホテルに戻って、ベランダでビール。
流れていく雲の合間で、月がきれい。
一本飲んだら眠くなったので、寝た。

さぁ、明日は最終日。早起きして海岸を散歩しよう!



と思ったけど、最後の最後で一番の降雨。スコールレベルじゃないです。

出発の時間まで、ホテルのテラスで時間を過ごす。
迎えのマイクロバスに揺られて空港へ。



あっという間に機上の人。



サヨウナラ、ハワイ。
ただいま、ニッポン。




というわけで、オシマイです。
長々と、駄文を読んでいただきありがとうございます。

ホント良いところですね、ハワイ。行くの渋ってたのがアホみたいです。
ホノルルの街じゃない、ちょっとローカルな気分が味わえる所が楽しかった。
特に、ワイアラエのカイムキはオススメです。絶対もう一度行こう!

でわでわ、アロハ・オエ〜。
 
over-rev | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
その2
さて、二日目。
旅の目的の一つ。「ハワイで車を運転する」を実行。
ホテル内にあるレンタカー屋で、全く日本語が通じないオバちゃん相手に
片言(にすらなってない)の英語でなんとか車を借りた。
ジャパニーズカーナビゲーションも借りれた。心強い。
車はNISSAN SENTRA(日本だとシルフィかな?)。



渡航前に、ハワイに興味がわかなかったので地理感覚なし。
ホノルルの位置さえ知らなかった。
なので最初は完璧にカーナビに動かされるロボット状態。
左ハンドル右側通行に戸惑い、
何度ウィンカーの代わりにワイパーを動かしたか。
一度なんかワイパー+ウォッシャー液噴出のパニック。
絶対対向車から笑われていただろう。ふんっ。

しかし、一時間ぐらい運転して、マックに寄って
改めて地図を確認。どこを走っているかを理解したら、
気分も落ち着いてきてス〜イスイでござる。



H1&H2を経て、R99でノースショアのハレイワ・タウンを目指す。
目的は、ガーリックシュリンプ。隣の天才デザイナーからのオススメ。
郊外の電柱は、でっかい木製。枝の跡とかしっかり残ってる。


問題なくハレイワ到着。
カーナビのおかげで着けたのに調子こいて顔出し。





ハレイワの街は、サーファーの街らしい。お店とか一々しゃれおつ。
落書き満載の車が、ガーリックシュリンプのお店
「Giovanni's Shrimp Truck」。
確かに美味かったけど、ニンニク臭が寝るまで口の中に残って、臭い。
ビール飲みながら食べたかったなぁ。

さらに北上する。
実は、オアフを一周する予定なのだ。
地図も見てないし、距離感も分かんないから出来るのか分からなかったけど
この調子なら、夕方にはワイキキに戻れそう。この後も予定があるのだ。

ひたすらR83(カメハメハ・ハイウェイ)を北上。ほぼ一本道。
カーナビもずーっと沈黙していたが、突然、観光案内が始まった。
どうやら、ワイメア湾というところに近づいていて、
ここではウミガメが見れるらしい。車が路肩に沢山停まってる。ちょっと寄り道。



おー、ホントにいる! しかも3、4匹そこら辺に見える。
波に流されて打ち上がったり、また海中に戻ったり。
まったくやる気を感じられない奴らだ。ソコソコで車に戻り出発。

北端をくるりとまわりイーストへ。
途中、カーナビから観光案内が流れてきたが、無視。
こちとら島一周が目的なんでチンタラ観光してられないんぢゃ!

ひたすらカメハイを運転し、次の目的地「カイルア・ビーチ・パーク」。
何々?天国の海ですと? お高く出たね?
こちとら日本が誇る沖縄育ちじゃい!と鼻息荒く乗り込んだ。




正直、負けました。
海の綺麗さは同じぐらいだろうけど、砂が違う。
粒子が細かくて、サラサラ。これで白けりゃパウダースノーだわ。
砂浜にある落書きもステキ。人魚の土左衛門。

ここで、一時間くらいボケーッとしてワイキキに戻る。
ココら辺から、疲れて写真も撮ってない。

途中、マラサダというドーナツをどうしても食べたいとツレがいうので、
レーナーズというお店に寄った。
ふわふわで甘すぎず、確かに旨い。旨いよ。
でも、これが一個140円弱。高ぇーよっ。

なんとか夕方6時ぐらいにワイキキに戻ってきたが、
車を返却するのにガソリンスタンドで満タンにしなきゃ。
一方通行や左折禁止がやたら多くて、なかなかスタンドにつかない。
ようやく着いたら、セルフのやり方が日本とちょっと違っていて
スタンドのオバちゃんに教えてもらってなんとかクリア。オバちゃん良い人!
レンタカー屋のオバちゃんに、
島一周して来た!とにかく楽しかった!ありがとう!と、なんとか伝えたら
オバちゃんも喜んでくれた。ハワイのオバちゃんは皆良い人!

荷物降ろして、一息ついて買い物と夕飯食べに
アラモアナショッピングセンターへ。
時計を見たら、まだ午後8時。東京感覚で余裕だろーっと思っていたら
なんと、午後9時閉店!早ぇーよ。

アタフタと買い物して、スーパーで惣菜を買う。
今夜はもう食事場所を探す元気ナッシングす。ビールとワインを買い込んで
ホテルの部屋で夕食。下手なレストラン行くよりコッチが正解。

酔いも手伝い、11時にはベッドに潜り込み意識がなくなりました。


これで2日目終了。長々とすみません。
あと一回、続きます。
 
over-rev | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
戻りました!
関係各位にご迷惑をおかけして
恥ずかしながら帰ってまいりました。



すみません。
ハワイなどという浮かれた島に行っておりました。
イヤイヤながらとまでは言いませんが、
全く期待せずに行ったハワイですが
ショージキ、楽しかったす。スマンす。

まだ浮かれ気分が残っているうちに旅レポート!




泊まったのは、ワイキキのハイアット・リージェンシーなんたら。
有名ホテルチェーンですが、シャワーの出はイマイチで、蛇口の付け根から
水が漏れ吹き出している、古くて畏まってない居心地良いホテルでした。
当然、ウォシュレットじゃない。早く世界に普及して欲しい...。



行く前に、タバコ吸うところに困ると聞いていて、ビビっていたのですが
歩道に、こういった灰皿が設置してあってここの周りだと喫煙可みたいです。
他にも歩きタバコしてる白人とか、路地裏で一服休憩している現地人もいました。
最後まで喫煙ルールがワカリマセン。
ただ、喫煙しているのは東洋人(主に日本人)と不良白人と浮浪者ばっかり。

初日は、ほとんどホノルルの街中をウロウロしていただけ。
ご飯もガイドブックに高評価されてる店
ショアバード・レストラン&ビーチバー」ってところに行きましたが
まぁ観光店って感じで、日本のスーパーに売ってある肉買って
自分で焼いたほうが旨いなぁと思いました。
厚さ3cm程もある肉を素人に焼かせんな。コンロの火加減も調整できないし。

といった感じで、一日目は寝不足と
観光地の浮かれた雰囲気に毒づいて終わり。

あ、昼飯食べた「テディーズ ビガー バーガー」は雰囲気込で良かったです。
今、調べたら渋谷にお店があるじゃん。食べログの評価2.89か。
確かに、ハワイで食べるから美味しく感じるのね。


長くなったので一旦終了。
over-rev | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記
初体験
へろーへろー。

今日、初めてテッポウを打ちました。

衝撃的でした。チビリました。

映画やTVドラマは嘘だということが
身にしみました。

こんなの身近にあっちゃダメです。
これが普通に買える米国っておかしい...。
 
over-rev | 10:19 | comments(2) | trackbacks(0) | 雑記